新型コロナウィルスに思う…

片山知子の気まぐれBLOG
2

あ〜、またもしてやられた〜と思う。何が?! それはここには書けません。(笑)
学校閉鎖をしたところで、両親は毎日満員電車で通勤して、毎晩帰ってきて、子供達とおしゃべりするだろうから、それほどの効果があるとは思えない。もちろん、どこの両親もお家に帰るや否や手洗いうがいをされる事でしょうけど…。

在宅勤務ができる人は僅かで、大抵の人たちは電車に揺られて会社に行く。時差出勤とも言うけど、これもごく僅かな会社である。なんだかちょっと前にウィルス培養船と言われていたけど、今度はウィルス培養国になってしまわないかハラハラする。何故、検査難民という事態になるのか、どのテレビやネットを見てもよくわからない。(笑) そりゃ、何もしないよりした方が良いから、大きなイベントの中止や、学校閉鎖をした方がいいのか知らん。でも、然程の検査もしないで、白黒わからない人達を一定期間閉じ込めて、船の中もそうしていた。部屋から出られないと…。でも、結果ドンドン感染して行ったんと違うん?!(しかしやな、あの船、イギリス船籍でアメリカのオペレーションで運航されている。正確には日本の国ではないんやけどね?!)

WHOのテドロス事務局長は、

感染者の早期発見と隔離や治療、感染経路の解明のために断固とした行動を取れば、まだこのウイルスを封じ込められる可能性はある。

と(2/29NEWS)に言われたそうです。
イベントの中止や学校閉鎖も大切なのかも知れませんが、WHOは、「感染者の早期発見と隔離や治療」と最初に訴えてる。なのに、検査難民と言う言葉が生まれる我が国日本はどないや?!
早期発見や言うてるのに、重症患者からって、どうよ。いやいや重症患者も大切ですよ、でも初期症状の人たちも大切でしょ…と言う話です。(笑)

そりゃ世界各地から人々が集まり開催される、国際見本市やスポーツ観戦などは、中止も止むを得ないと思います。日本国内で置き換えると、感染者がいない都道府県、今の時点では、例えば岡山県とか九州の人たちが、北海道に行くのは辞めた方が良いし、日本中から人が集まるイベントはやめた方が良いでしょう。でも、検査が進んでいないのに、どこまでコロナウィルスなのか単なる肺炎なのか、インフルエンザなのか、よくわからない状況の中で、はぁ〜と思うのは私だけでしょうか?!
一つだけ確かなことは、隣の韓国では、4万人に対して検査が進み、日本ではまだ2000人ちょっとです。韓国の検査方法をとやかく言う人もいますが、どうでも4万人です。(笑)韓国はすでに5Gが使える国です。韓国の5Gは…って、日本人がとやかく言う事はない。日本にはないんだから。もう時代は変わったんやて。
 
感染者の早期発見って、検査する事でしょう?! なんで検査出来ないの?! なんでTVはそれを言わないの?! なんで政府を擁護するような発言になってしまうのか?!
最近のワイドショーを見ていると北朝鮮のワイドショーを見ているようです。いろいろと不満を言うのですが、最後は政府が言ってるからとか、今の段階ではしょうがないとか…。北朝鮮のそれとそっくりです。(笑)

まぁ、お婆ちゃんの愚痴はこの辺にして、とにかく私たちで、できるだけの対策を立てて、新型コロナウィルスに罹らないようにしましょう。自分を守るのは自分しかありません。

一つだけ大切な秘訣。「あ〜、感染したら、どないしよう〜」とネガティブに思って、手洗いしてはダメですよ。手洗いをする時はしっかり念入りにして、「よし、これで大丈夫、私は罹りません」と思って下さい。

  • 石鹸を使ってこまめに手洗いをする。石鹸がない時は単に水道水を流しながら洗いましょう。(すぐに手が荒れるので、ハンドクリームなどを使いましょう)
  • こまめにうがいをしましょう。(ウガイできない時はガム・飴・飲料などで、頻繁にのどを潤しましょう)
  • 電車の中など人混みにいる時は、マスクを着用しましょう。(そんなん言うてもマスクないやんね〜、ほんまに〜!!)
  • 十分な栄養と睡眠をとり、規則正しい生活をしましょう。(それができない時は大好きな食べ物をいっぱい食べる)
  • 咳をするときは人に飛散しないように気をつけましょう。

それにもひとつ、この際、免疫をあげましょう。免疫をあげる事イコール体温をあげる事です。我社の皆さんはダンスを日々されているので、ちょっとした心がけで、即体温が上がります。筋トレに慣れいるから、ドンドン筋トレしてね、ダンスのためにも新型ウィルス対策にも。そして、ヨーグルトやお味噌汁や納豆も良いそうです。腸を元気にすると免疫が上がります。
そして、何よりも恐れず、さぁ、笑いましょう!! BIG SMILE !! (爆)
WHO (Novel Coronavirus (COVID-19) Situation)
WHOが作った世界の感染者MAPです。
https://experience.arcgis.com/experience/685d0ace521648f8a5beeeee1b9125cd

追伸
日本国内の感染者MAPです

COURRiER Japonに素晴らしい記事があったので抜粋を紹介します。

日本より一足先に学校の休校措置が取られたイタリア・ミラノ在住の母親が、家にいる子供の世話をどうするか、「パンデミック」を不安がる子供にどんな声をかけるべきなのかについて綴った。~というものです。

筆者は二人の子供を持つ共稼ぎの女性。
「親から言わせてもらえば、この「バケーション」は普通の春休みや夏休みと違い、苦労が多い。働いているときに子供の面倒は誰が見るのかといった課題を含め、ミラノ市民は現実的な問題に直面している。
なかには独自に工夫して対応策を見いだした親たちもいる。専業主婦や主夫、在宅勤務の親たちがチャットアプリ「WhatsApp」でボランティアグループを作り、子供のクラスメートを数人ずつ自宅に呼んで面倒を見るというものだ。
グループの一人、フランチェスカは「各家庭で2、3人ずつ受け入れています。それ以上の人数は休校の目的を台無しにしますから」と言う。」
子供に対しては、
「真実を伝えなさい。このウイルスは怖いけど、人類はもっと悪い状況も乗り越えてきた、と。私たちが家に閉じこもっているのは、みんなが一斉に病気にならないようにして、お医者さんたちの仕事を助けるためだと、教えてあげなさい」
「私たちは他の人たちのために犠牲を払っていて、他の人たちも私たちのために犠牲を払ってくれている。なぜなら、それがコミュニティのあるべき姿だから、と子供に伝えなさい」

更にこう結んでいます。僕が最も感じた一文です。
「街が封鎖されてからの数日間で、この利己的な時代においてさえ、私たちはすでに大事なことを学んだ。多くの人が、隣人の健康のために、少しばかりの犠牲を受け入れているのだ。」

自分を守ることは他人を守る事に繋がります。これ災害時の鉄則です。
武漢熱なんかに負けられまっかいな!ここは(笑)やったかな。

浜本さん、いつもコメントありがとうございます。日本も地域によっては、イタリアと同じように助け合ってるところもあるように思います。自分を守ることは他人を守る事に繋がります。これ災害時の鉄則です。なるほど…って思います。肝に命じて。

2件のコメント

コメントを残す

片山知子の気まぐれBLOG
1
新型コロナウィルス…夏になって終息するやろか…

もう本当にヘキヘキするコロナ騒ぎですが、皆さんはお元気ですか?! その昔、20-30年前かな、これか …

さいたまアリーナ
片山知子の気まぐれBLOG
2
沢田研二のドタキャンに想う

なんだかんだとTVのモーニングショーやネットニュースなども騒がしいことですが、どれも真実を伝えていな …

片山知子の気まぐれBLOG
あの仕事やっときゃ良かった

この歳になると、本当にいろんな思い出に包まれて、楽しいんですが、心に残る、本当に惜しいことをしたなぁ …