「ヨゴレ」って言う芸能界用語、みんな知ってる?!

ダンスのイラスト
My History (ダンスと歌の話)

私が若い時には、良く「ヨゴレ」になったらおわりやで〜と言われたものです。私の両親が私が歌手になることを猛反対したのも、「ヨゴレ」になるから…と言うものでした。そんな事ばかりしてたら、仕舞目に場末のバーのホステスになると言う。男やったら、場末のバーのバーテンダーと相場は決まっていると言う(笑)。 いえいえ、今日現在のバーのホステスさんやバーテンダーのことではなく、今から50年も前の事ですから、今のそれとは随分違うように思います。でも、そのニュアンスは、どんどん、ヨゴレていって、最終的には、昔で言うそのような場所でしか働けないって事でしょうか?! その時は私はその意味がイマイチわかりませんでした。その後、自分が所属したプロダクションの社長が、デビュー早々、「一応、片山君も女の子やから、これから接待やなんやかんやで飲みの席があったり、夜遅くなったりしたら、相手の気分を害しないで、早々に帰る口実を今から考えておいて〜」と言われました。その時も、ふぅ〜んと思うと同時に、一応、口実を考えたものです。(笑)
のちに、スクールメイツという若い女の子の集団をマネージメントする事になったときにも、彼女達のプライバシーを守るのに必死やったような気がします。そして50年が過ぎて今日現在、私の手元を離れた若いプロになったダンサー達を見ていると、男女共に、このヨゴレの道を真っしぐらに進んでいる人たちもいるようで、気が気ではありません。人の子供やし、人、皆それぞれの人生があるので放ってはいますが、時々、一抹の良心の呵責があります。一旦、ヨゴレてしまうと、元に戻れない。だから、単に好きだからと言って、さほどスペシャルでもないダンスで、人前で踊って、チヤホヤされる事に慣れたらアカンと思う。君がチヤホヤされているのは、その衣装とその場所のおかげで、それは君が作ったものでもなんでもない。私はいつでもテーマパークなどで踊るのは1-2年、長い目にみても2-3年でやめて欲しいと思っている。それは、どうしても「汚れ」ていくからです。まだ男の子の方がマシな感じがあるものの最近ではやっぱり同じかな〜と思う。何故、汚れて行くかと言えば、売春と思えば…、同じ原理です。単に好きやからと言って、それでお金をもらう癖がつくとアカン。心の中の何かがすり減って行くんですね〜。一番大事な何かがすり減って行く。セックスはやっぱり愛の証やと思うんですよね。男女共にそんなもん減るもんでもないし、お金もらえるなら別に〜なんて考え出したら、元へ戻れない。踊れるなら、多少の事は我慢しても、多少の惨めな事に出会っても我慢してしまう。宴会でパワハラ、セクハラにあっても、そんなもんと我慢し、バイショーしか知らない外人パフォーマーと友達になり、やっぱりそれで良いんやと自分を慰めて、そして少しずつ心がすり減ってくる。信用しなくても良いから、そんな話もあったって覚えていて下さい。そして潮時を感じたら、すぐにやめて下さい。そんなに踊りたかったらインストラクターになれば良い。過去の栄光にすがらない、自分の力で稼げるインストラクターに。ヨゴレの手前なら、何でも出来る。インストラクターが嫌なら振付家でも、演出家でも、衣装さんでもスタイリストでも…。努力さえすれば今の世の中何でも出来る。今一度、自分の生活を見直して欲しい。

コメントはまだありません

コメントを残す

シニアバレエのレッスン風景
My History (ダンスと歌の話)
ダンスの効用 – アンチエイジング

私を大病(悪性リンパ腫)から救ったのは、もちろん先進医療や、気功や、たくさんの人達にたくさんの愛をい …

My History (ダンスと歌の話)
2
河島英五のこと

そもそもが二人とも、英五さんと私ですが、学生でアマチュアやった時、私の高校時代の後輩の、お姉ちゃんの …

My History (ダンスと歌の話)
2
リクエストにお応えして、YouTube !!

いつもよく行く、ラーメン屋さんのお兄ちゃんが、先のシンガーソングライターの記事読みましたよ〜って、調 …