ところで文字を大きくしました。(笑)

片山知子の気まぐれBLOG

親愛なる貴兄から、お前のブログ、文字が小さいねん。もっと大きせい〜と言われて、それもそうやなと大きくしてみました。なんや最新のブログは難しいなぁ〜。昔々そのむかし。このwordpressと出会った時は、一番、システムに入ってるファイル数が少ないので、こりゃ〜軽くて良いわと選びましたが、この頃はいっぱいファイルが入っていて、その代わりなんでもしてくれます。
物事は進歩するんですよね〜。

さてさて、昨日、コ○ミに行きました。
そして、いつものペットボトルのお水を買って、ストレッチをしていると、フロアの靴と一緒に置いておいた、私の水を蹴飛ばした40〜50代くらいのおじさんが、このペットボトルを鬱陶しそうに元へ戻すかと思いきや、そのままちょっとペットボトル動かしたまま立ち去った。この時、おじさんの手が濡れているかのように、振られたので、あれっと水を見に行くと、漏れてるやおまへんか! ペットボトルは横たわったまんま、お水がしとしと溢れてる。慌てて立てて、係のお姉さんを呼びに行って事態を説明。拭いてもらった。そんなところに置いといた私も悪いんですが、普通、自分のでも誰のでも、ペットボトルを倒して水が溢れたら、なんとかするよね〜?!
今度はサウナに行って、着替えるところの棚にタオルとこのペットボトルをおいて、サウナへ。途中、のどが乾いたと思い、この脱衣場に水を取りに行くと、私の水にまさしく手を伸ばしているおばさんがいる。私よりも年下かな〜。えっと声をあげると、「あ、すみません。間違いました…」と言って、ご自身の棚に手を伸ばされました。怖いのは、この時!! な・なんと、その方の棚には水などなかったのです。なんで間違えて、よその棚の水が飲めるのか意味不明。それでも気を取り直して、自分の水をのんで、再び、風呂に入ろうとした時、ふと気になって振り返ったら、またまた怖い!! その方も振り返って、私のあとを見ていた!! なので一瞬目と目が合う。びっくりやわ〜。さらにびっくりは、気持ちよくサウナから出て、自分の棚のタオルで体を拭いて、ペットボトルを手にした時、あ〜、半分あった水が写真のような状態に…。えっ〜、ありえん、そこまでして人の水を、黙って飲む人がいるんやと、驚愕の1日でした。(笑)

コメントはまだありません

コメントを残す

片山知子の気まぐれBLOG
あの仕事やっときゃ良かった

この歳になると、本当にいろんな思い出に包まれて、楽しいんですが、心に残る、本当に惜しいことをしたなぁ …

さくら2018
片山知子の気まぐれBLOG
「蒸発する時」… 桜の木の下で

桜のシーズン、今年は例年より早かったようですが、桜を見ると、思い出す涙の物語がある。 蒸発するって、 …

curling
片山知子の気まぐれBLOG
2
カーリングっておもしろい、そだね〜

今年の冬期オリンピックで覚えた競技がカーリング。なかなか奥深い。特に女子のゲームが元気があって楽しい …