コスモスシアターダンスフェスティバル終了

コスモスシアターダンスフェスティバル
My History (ダンスと歌の話)
2

一昨日、無事に初めてのコスモスシアターダンスフェスティバルが好評のうちに幕を閉じました。出演者総数150名の一大ダンスフェスティバルでした。私たちの頃の高校生と違って、今の高校生は実に大人しいし、礼儀正しいし、あまりのしっかりぶりにちょっとびっくり。もう少し、はみ出ている子達もいても良いのにと思ったけど、それは、今の時代には合わないのかも知れません。そして、各校、趣向をこらしたパフォーマンスには眼を見張るものがありました。

流石の各校ダンス部のみなさんでした。

全体的に思ったことは、見事なマスゲームやったり、本当に一糸乱れず、一分の狂いもなく揃えておられるダンスには感服しました。

そうそう、あの登美丘高校みたいに。

でもひとつだけ苦言を呈するなら、まぁ、マスゲームの時にはそれで良いのかも知れませんが、普通に踊る時は、ビシバシと決まることも大切ですが、もっと自然なビート感やドライブ感があれば、もっともっとカッコ良くなれます。

ダンスは楽しむものです。もしも、あなたがプロダンサーになったら、ますますダンスを楽しんで下さい。観客にそれが伝わるように。

どうぞ、これからも目いっぱいダンスを楽しんで、正しくダンスを学んで下さい。そしてあなたの人生が少しでも幸せで、色あざやかなものになりますように。

お疲れさん、頑張ってるね。
昨日NHKスペシャルで片足のダンサー大前光市さんのドキュメントを見ました。表現者としての強烈なエネルギーを感じました。昨年の紅白歌合戦に出演された時の楽屋で「僕は紅組でも白組でもない。負け組でいたいです。ポジティブな負け組、その先に俺組がある。」と言っていました。「俺組」を持ってる人は強い。強烈な刺激を受けました。

ありがとございます。
あっ、もう終わってしまいましたか…。見ようと思ってたのに…。そうですよね、肝心なのは「俺組」やと思います。本当に情報が溢れかえっていて、そんななかでヒカルのは本当に本当の自分をしっかり持っている人でしょうか?! これからの若い人たちは大変やなぁ〜と思います。私の青春期とは全く別世界です。

2件のコメント

コメントを残す

ダンスのイラスト
My History (ダンスと歌の話)
「ヨゴレ」って言う芸能界用語、みんな知ってる?!

私が若い時には、良く「ヨゴレ」になったらおわりやで〜と言われたものです。私の両親が私が歌手になること …

シニアバレエのレッスン風景
My History (ダンスと歌の話)
ダンスの効用 – アンチエイジング

私を大病(悪性リンパ腫)から救ったのは、もちろん先進医療や、気功や、たくさんの人達にたくさんの愛をい …

My History (ダンスと歌の話)
2
河島英五のこと

そもそもが二人とも、英五さんと私ですが、学生でアマチュアやった時、私の高校時代の後輩の、お姉ちゃんの …