8カ月ぶりに食べ物を口にしました

On 2016 年 4 月 6 日 by kata32

実は、昨年の春から体調を崩して、当初は胆石持ちだったので、胆嚢炎と言う診断でしたが、これが治らない。
どんどん悪くなる一方で、磯貝先生のご配慮で、遂に昨年7/15に北野病院に緊急入院しました。この時の病名は、膵臓がんと小腸の狭窄と言うもので、水を飲んでも戻していました。
この間、いろんな検査をしてもらうのですが、ガンと言う2文字は出てこなかったのに。生まれて初めての入院生活。検査検査の毎日が2週間続きました。5日連続で胃カメラを飲んで、お尻からも管をつっこまれ…(笑) もちろん絶飲絶食。
で、わかった病名が悪性リンパ腫と言う血液のガンでした。膵臓がんも、腸の閉塞も、このリンパ腫から来ているそうで〜。なので、消化器ではなく、血液内科に転科となりました。ドクターも女医の饗庭先生にスイッチ。キャリアたっぷりの人気のドクターでした。それは、他のドクターや、ナースさん達が異口同音に、大丈夫、饗庭先生だもの…とか、良かったね、饗庭先生に診てもらえて…とか言われます。本当に世に言う名医だと思います。饗庭先生にはお世話になりました。心からの感謝を申し上げます。ナースの皆さんや消化器や血液内科の部長先生、ドクターやリハビリの先生方にも、心から感謝を申し上げます。

それから、約8ヶ月。やっと昨夜、3分粥とお豆腐の炊いたん、卵のおすまし、みかんの缶詰と言う食事をする事が出来ました。

昨夜寝る用意をすべく、窓辺に行ってカーテン閉め際に、何気に夜空を見上げたら、ふいに口が、神様にありがとうございましたって、そしたら、目頭が熱くなりました。だから、このブログを更新しなきゃ〜と。どんな関係やねん!(笑) 本当に多くの方々にご迷惑をおかけし、ご心配をおかけして、申し訳ございません。何回も何回もお見舞いに来てくれた方々や、電話やメッセージ入れてくれた方々に心からお礼を申し上げます。でも、もう大丈夫。あっ、膵臓がんも消えてなくなり、血液も自己細胞移植⁈、綺麗な自分の血液と入れ替わりました。なので、現在、どこにもがんはありません。この3/30に開腹手術を行い、最後の狭窄を取り除いでもらいました。あとは腸が食べ物を受け入れてくれるのを待つのみです。

人間65年もやっていれば、みんな、がんや糖尿や、梗塞や結石や病気が出て来るんだと思います。どんなに気をつけていても、病気になる時はなる。(笑) だから、あまり先々のことは心配せずに、今を、この一瞬を大切に過ごされた方が…と思います。また、抗がん治療は治らないとか言うけど、ハゲになっても治ります。

後は、良く歩くこと。良く動くこと。

愚痴や不平不満の代わりに感謝して暮らすこと。

そして、何よりも大切なことは、あなたを取り巻く人達、あなたの愛する人達を、心から愛しんで大切にして下さい。

いろんな事を考えさせられた8ヶ月余りでした。

中山寺のせきぜん社の村上豊先生にも、心から感謝を申し上げます。本当にありがとうございました。

最後になってしまいましたが、この長きに渡り、ご迷惑をおかけしてきた、コスモスシアターミュージカルの皆々様、いずみ〜るの皆様、FWDSの皆々様、退院したら、さらにご陽気にご陽気に〜、超根アカ満載で頑張ります。

ありがとうございました。

65歳にして、自分の体を流れる全血液が真新しくなるなんて〜!what a surprise !

新しく生まれ変わった片山知子に、是非ご期待下さい‼︎

8 Responses to “8カ月ぶりに食べ物を口にしました”

  • 片山さんおめでとうごさいます!
    ついに!やっと!
    良かった本当に良かったです。

    一品だけかと思いきやけっこうなメニューが出たんですね(笑)

    腸が活発に動いてくれる事を祈ってます!!

  • 陰ながら心配していましたが、本当に良かったですね。明日、寺島さんと会いますので、報告しておきます。本当におめでとうさんです。

  • ごめんなさい  知らなくて・・・今フェイスブックをみて・・知りました。 片山さんの言葉は心に残る素敵な言葉がおおいなーってフェイスブックを見るたびに思わされていました。
    でもこんな大変な病気に遭遇していたなんて・・人生何が起こるかわかりませんね。
    私も62歳です。
    最近はいつどうなるのかわからない・・と考える時があります。
    大変な病気に遭遇された片山さんから今回また、素敵な言葉を沢山いただきました。
    なんて言ったらいいのか・・
    逆に私のほうが励まされ、元気がでました。

    ありがとうございます。

  • 岩本さん、お元気ですか?! すみません、ご心配をおかけして…。若いときからやりたい放題、したい放題の人生でしたから、神様に少々お灸をすえられました。(笑)
    また、盆踊りのときにでも、わちゃわちゃとお会いできたら、光栄です。有難うございました。

  • 前田さん、有難うございます。おかげさまですっかり元気になりました。まだ、ビールはドクターストップのまんまですが、多分、GWあたりにはOKになっているかと思います。(笑) また、ぜひ、飲みに連れて行って下さい。楽しみにしています。寺島さんからもfacebookにメッセージいただきました。有難うございます。

  • ゆかちゃん、退院後三日目、順調に腸は動いているようです。昨夜は、親子丼を食べました。また一つ夢が叶った〜!! (笑)

  • うーん、そうだったか? ケンちゃん、大変やったね。
    昨年7月に入院してこの4月まで、何と長い病院生活でしょう? まあ、よく頑張りましたね。 この4月6日のあなたのブログを見るまで気がつきませんでした。ごめん、ごめん!
    神様に感謝しましょう。おまえはもうすこし生きて、みんなのために仕事しなさい、そう言ってくれてます。そして、お医者さんと医学のすばらしさに感謝しましょう。
     こういう私も実は昨年末に、ガンを宣告されました。前立腺ガンというやつです。男に子宮がないように、女にはこの器官はありません。それで私は40歳ごろから、毎年人間ドックの健康検査を受けてきましたが、5~6年前から、前立腺肥大(男は歳をとると、よくおこる症状)という症状が見られ、このほどそれがついにガンに成長したのです。
     それで、この3月3日に天理市のよろづ相談所病院へ入院し、17日間入院しましたが、前立腺は完全に摘出しました。もう子どもを生むことはないから、こんな器官は不要になったのです。だからもう退院して40日くらいになります。今後は定期的に通院して、ガンの転移がないかどうか、検査を受けます。
     いま熊本・大分は地震で大変ですが、あの地震が起きる1週間前に、私は妻と一緒に別府・湯布院へ保養に行き、温泉につかっていました。行くのがもう1週間遅かったら、現地で地震に会うところでした。
     そんなわけで、もう元気にしております。先日は、フェスチバルホールで大阪の4大オ-ケストラの演奏を聞き、奈良市の文化会館では仲代達也の無名塾の演劇をみたり、甲子園球場で阪神・巨人の野球を見ました。
     しかし、昨年安保法制(戦争法)を強行した安部政権は許せない、というわけで、生駒市の仲間たちと戦争法廃止運動に情熱を注ぎ、近鉄生駒駅前では何度もマイクを持って演説し、署名を集め、奈良の集会やパレードに参加しています。熊本地震被災者救援募金も訴えたら、5万円余り集まり九州へ送りました。7月の参院選挙が近づきますが、野党がバラバラに立候補せず、1本にまとまれば自民と1対1の互角の勝負が出来る、というわけで、先日の北海道5区補選(自民が圧倒的に強いといわれていた)では、もう少しのところまで大接戦をしました。いま全国で、野党が候補者を1本にまとまるように協議が進んでいます。32ある小選挙区で、いま21の選挙区で野党統一候補が生まれています。参院選でどこまで自民を追い詰めるか、楽しみです。
     けんちゃん。ゆっくり療養してくださいね。神様はまだ生きよ、と命をくれましたから、世のため、人のため、命を大切にしていってください。

  • 順作先生、ありがとうござまいす。
    本当にやりたい放題の我が人生でしたから、少々、神様にお灸をすえられたかな?! と…。(笑) そして先生がおっしゃるとおり、それでも命をいただいて、もっと世のため、人のため、精進して行こうと決意も新たにしています。ありがとうございます。
    先生、本当に野党のみなさんに頑張ってもらいたいですね。それに私は都知事の舛添さんにもヘキヘキさせられます。(笑)
    熊本のみなさんやエクアドルのみなさんも早く元気なられるように祈ってやみません。
    先生もどうぞ、お体を大切に、三年雪組の同窓会は今年実施予定です。また、ご相談させて下さい。よろしくお願い致します。

コメントを残す