アッと言う間に「フリーウェイ・ダンスフェスティバル」その他まとめ編

On 2014 年 2 月 27 日 by kata32

もう二月も終わりに近づいてきました。
ホントに時間の経つのは早い。この歳になると身体に堪えます… (笑)

16th.Free Way Dance Festival リハーサルより

16th.Free Way Dance Festival リハーサルより

2014年になって以来、あっ、あれブログに書こ、これも書こ…と思っているうちに2月の末…。
そこで流行の「まとめ編」… (笑)

1. 今年の初詣はいつも通りの氏神さんにお詣りし、とんど焼きにもしめ縄と、鏡餅の飾りなども持って行きました。こともあろうに、この神社では、ゴミ焼却炉のようなところで、おじさん二人がペラペラしゃべりながら、皆さんのお正月飾りを焼いておられました。そこに、「すみません、これもお願い出来ますか…」と手渡すと、紙袋から、無造作にしめ縄だけを取られて、「後はゴミやからお家のゴミ箱に捨ててくれる〜?!」と突き返されました。えっ、ゴミって…?! 言い返したかったが、おじさん達、また、ペラペラしゃべっておられる…。ここで負けてはならじと、近くにもうひとつ神社があったのを思い出し、そちらへ、恐る恐る持って行きました。「あの〜、これ〜」って、言うと、気の良さそうなおじさんがひとり進み出てくれて、「こんなん焼いてもらえますか?!」するとおじさんは紙袋の中をしっかりのぞいて、「はいはい、ちゃんと種分けして焼かさせてもらいます」ヤッター!! ちなみに、この神社さんは、ちゃんと境内の土地を掘り起こして「とんど」されていて、おじさん二人で焼かれてましたが、ペラペラしゃべり続けてはおられませんでした。何やら霊験あらたかな雰囲気です。なので、私の恒例お一日詣り、2月からはこちらの神社さんに…。おまけに、こちらの神社さんは、「子宝、安産の神様」だそうです。知る人ぞ知る、爆笑〜!! ヤッター!!

2. Kei君がJoe君と一年半ぶりに帰ってきました。
Kei君は、NY暮らしですが、だいたい一年に1〜2回のペースで帰ってきていましたが、今回は、ビザの関係で帰国出来なかったんですね〜。でも、やっ〜と事もあろうにグリーンカードを取得して帰ってきました。アメリカの永住権を取得したんですよね〜。素晴らしい!!
何十年もアメリカに住み、働いているのに、何回申請しても取れない人もいるのに、彼は、わずか3-4年で取得しました。これからの世の中、日本に暮らすより、アメリカで暮らした方が良いに違いない。
Joe君はアメリカの大きな出版会社に勤める所謂サラリーマンです。若干26才。今の日本の大手出版社に勤める26才の人は、ゴールデンウィークでもない普通の日に、9日間と言う休みが取れるんだろうか?!

3. たかじんが天国に行きました。彼とは、デビューが同じ会社で同じ頃でした。若い頃は良く一緒にステージに立ちました。昔から、あんな人でしたが、とても誠実な人でした。数年後、どこかのTV局で再会したとき、「おっ、名刺渡しとくわ」って、所属ヤングジャパンって書いた名刺をもらいました。(笑) それからまた、しばらく経って、彼は大阪ではなかなかのスターになった頃、また、TV局で会いました。「あのな、オレな、自分とこのダンサーのな、電話番号知ってんねん。今、教えてもろてん。」と、多分、ザウルスかな、電子手帳を見せてくれました。そこには、私のお家の電話番号が…。「あのな、それ、うちの家の電話番号やん。」彼「嘘やん、あの子の家違うん?!」「そやで、あの子は、今、うちの家におるんやて」「ほんまか〜」と残念そうにたかじんは、その頁をパッと削除してしまいました。(笑) 真面目な人やったんですね〜。多分、こっそり聞いたから、そのままでも良かったのに、なんとなく言うとかな〜と思ったのでしょうね。彼と私の共通の友達が言ってました。「うちの家の隣が昔のたかじんの嫁が住んでいて…。昨日、うちの嫁に言われたんやけど、あんた毎日帰ってくるけど、いつになったら、お金を持って帰ってくるねん。隣のたかじんの嫁が言うとった。たかじんは帰ってけえへんけど、毎月同じ日にぬかりなく同じ金額の振込がある。感謝してるって…。あんた、ええ加減にしいや〜。」
たかじんのご冥福をお祈りします…

私も年なんですね〜。
河島英五さん、奥田章三さん、桑名正博さん、そして、たかじんさん…。あ〜ぁ、4人も天国に行ってしもう〜た。

あぢ〜〜〜
アッと言う間に「フリーウェイ・ダンスフェスティバル」のはなしは… (笑)

3月2日(日) 大阪国際交流センター大ホールにて
17:30 開演です。
@3500円

暇にされている方は、是非、ご来場下さい。若さ爆発の一大ダンスコンサートです!!

もうスグ春ですね!!

コメントを残す