ミッシェル・オバマさんの演説を聞いていたら「二宮金次郎」を思い出した!?

二宮金次郎
二宮金次郎

みなさんは、二宮金次郎って知っていますか…?! あ〜、本を読みながら歩いたら危ないからって、小学校から撤去された像?! そうそう、それです。まぁ〜、いろんな解釈もあったもんですね〜。確かに本を読みながら歩いたら、危ないけれども、そうじゃ〜なくて、働きながらも、勉強もしましょう〜って言う意味だったと思います。背中に薪を背負って、どこかに運ぶ途中でも、本を読んで勉強をしていた…と言う事なんですが…。そうそう、そういえば、どこかの小学校では、給食前に「いただきます!!」と言うのは、別に言わなくても良くなった〜とか…。それは、お母さんからのクレームで、「うちはチャンと給食代も払っているのに、「いただきます」って、イッタイ誰に言わせているの?!!」と大変な剣幕で学校に怒鳴り込んだようで、学校の方もあっさり、では、もう言わなくても良いよ〜になったとか…!? (笑)

同じ不景気でも、昔の日本人にあって、今の日本人にないものは、decent とか、decency と言われるものだと思います。私はこのdecent と言う言葉が大好きです。分相応にキチンとしていて、品位があるってことやと思います。所謂、elegantとか、nobleとかと、ちょっと違う。これらの言葉は、優雅とか、上品なとか、高貴なとか、エレガントとか、およそ私には不向きな言葉です。(笑)

Kei君の話によると、ミシェル・オバマさんは、アメリカでは大変な人気があるそうです。また、この演説は余程アメリカの人達の心を打ったようで、毎分2.8万ツイートを記録したそうです。これは共和党のミット・ロムニー氏(@MittRomney)の1万4289 TPMと比べると2倍近い。オバマ氏の今夜のスピーチでの一言「私たちにはやるべきことがまだまだある」は、2万2004 TPM なので、スッゴイと言わざるを得ません。

これをKEIのプログに貼付けてあるYouTubeを見ていると、何故か、二宮金次郎を思い出してしまった。一生懸命働いて、一生懸命勉強して、自分の夢に近づいて行く。どんなに貧乏でも文句も言わずに、一生懸命に…。きっと、夢は叶うと信じて…。
二宮金次郎、成人の名を二宮尊徳…。今の日本に必要なのは、こんな人やと思う。
そうや、うちは明日から、二宮金子になるぞ〜。
それとも、ミシェル片山?!!

興味のある方は、以下をクリックして下さい。

http://ameblo.jp/miogino/entry-11351699018.html
ご親切に和訳してくれています。

二宮尊徳

http://www.geocities.jp/bane2161/ninomiyasontoku.htm 二宮尊徳の写真はこちらからダウンロードさせていただきました。

コメントはまだありません

コメントを残す

さいたまアリーナ
片山知子の気まぐれBLOG
1
沢田研二のドタキャンに想う

なんだかんだとTVのモーニングショーやネットニュースなども騒がしいことですが、どれも真実を伝えていな …

片山知子の気まぐれBLOG
あの仕事やっときゃ良かった

この歳になると、本当にいろんな思い出に包まれて、楽しいんですが、心に残る、本当に惜しいことをしたなぁ …

さくら2018
片山知子の気まぐれBLOG
「蒸発する時」… 桜の木の下で

桜のシーズン、今年は例年より早かったようですが、桜を見ると、思い出す涙の物語がある。 蒸発するって、 …