たらいま、LAから帰ってきました。

ロサンゼルス国際空港チェックインカウンター
ロサンゼルス国際空港
10年一昔って言うけれど、今では3年一昔な感じがします。1984-5年から1994-5年の10年間は然程の変化はなかったように思う。飛行機は、今のように全てが満杯ではなく、7-8割の飛行機には、2-3割の空席があったし、日時によっては、50%くらいの乗客率もザラでした。もちろんパソコンやスマホ等はなく、チェックインは、カウンターのお姉さんにチケットを渡すと、カウンターの中でコンビュータをカチャカチャ叩かれていたように思う。搭乗中の映画は、前方の大きなスクリーンで、みんなで同じものを見た。コメディなどに当たると、乗客がみんなほぼ同じタイミングで笑うので、和気あいあいとして、田舎の公民館みたい〜と思った事さえある。親切にも、丁度、お尻が痛くなり、足が浮腫んでくる頃には、体操のビデオまで用意されていて、乗客全員でビデオ見ながら、座ったままの体操もした。もちろん喫煙OKで、1980年初頭くらいは、全席でタバコが吸えました。そのうち制限されるようになり、喫煙席と禁煙席にわかれ、そして、今ではオール禁煙となった。前回、LAツアーに行った時には、iPhoneはなく車の運転は地図を見ながら走っていましたが、今では、iPhoneのGoogle mapだけで世界中どこへでも行ける。親切にもGPSがあるので、自分の位置が特定出来、且つ、メンバーに読み上げてもらえば、もう立派なナビです。
スティーブジョブスさんには大いに感謝しなくてはならない。
天気予報もTVをつけて、ガチャガチャ天気番組を探さなくてもiPhoneで充分。どんどん便利になって行く。記録も動画カメラもフォトカメラも必要なくiPhoneでOK。おまけにその場でTweet出来る。なんやおかしいナ〜と思う。すっごく便利になっているから、その分、暇になっても良いと思うのに、何故か正比例するかのように急がしく思う。

あの公民館のような飛行機の頃は、不便なはずやのにノンビリしてました。
アテンダントさんと延々しゃべったり、見知らず乗客さんとも仲良くなりました。
今ではちょっと考え辛いですよね。
なんせ、どの飛行機にのっても満席ですから、アテンダントんもクタクタでしょうし、乗客さんも機嫌が悪い!? (笑) ドンドン2極化進み、世界中でギクシャクする時代になるんだろうと思う。

あっ、そうそう、今のLAの流行は、人口雪です。グルーブでもディズニーでも、いっぱい雪を降らせていました。これが良く出来ていて、ホンモノの粉雪に見えます。

また、来年ツアーを出す頃には、何が変わっているんかな?!
楽しみでもある。

そして、明日はダブル選挙。大阪に住んでいる人は是非選挙に行きましょう。
唯一、参加出来る時ですから…。(笑)

コメントはまだありません

コメントを残す

片山知子の気まぐれBLOG
あの仕事やっときゃ良かった

この歳になると、本当にいろんな思い出に包まれて、楽しいんですが、心に残る、本当に惜しいことをしたなぁ …

さくら2018
片山知子の気まぐれBLOG
「蒸発する時」… 桜の木の下で

桜のシーズン、今年は例年より早かったようですが、桜を見ると、思い出す涙の物語がある。 蒸発するって、 …

curling
片山知子の気まぐれBLOG
2
カーリングっておもしろい、そだね〜

今年の冬期オリンピックで覚えた競技がカーリング。なかなか奥深い。特に女子のゲームが元気があって楽しい …