2:6:2の法則…?!

がら〜んとしたWTCの中、夕刻19痔前の撮影
がら〜んとしたWTCの中、夕刻19痔前の撮影
ホントに連日暑い日が続く大阪ですが、地下鉄やJR等の車中が節電のおかげで、少々蒸し暑いのにビックリします。それに大手各社さんや行政さんは僅かな節電でもって、経費節約をするのに丁度良いんだそうです。国も国で原発を認めないなら、それはそれで移行計画 … ロードマップみたいなもんを早く作らんと…と思うんやけど、なかなかそうも行かんようで、やれ原発や自然エネルギーやと言うてるうちに、どんどん電気容量が足りなくなり、節電の毎日でこの暑いのに、満足にクーラーも入っていない部屋で、汗を拭き拭き、それで仕事が捗るのでしょうかね。この間、ある企業さんにお伺いしたらやはり暑い…。暑いですね〜と言うと、つかさず扇風機を廻してくれた…。(笑)
1998年くらいやったか、ある人が、2対6対2の法則と言うのがあるんや〜って教えてくれた。
それは、世の中、2割の「良い人、かしこい人」と、6割の普通の人、そして2割の「悪い人、バカな人、ずる賢い人」から構成されているんだそうです。2割の悪い人達が世の中のリーダーになってしまうと、6割の普通の人達はみんな悪い人に感化されて、結果8割の悪い人達になってしまうそうです。2割の良い人達は、自分たちの居所を失って、割の合わない事ばかりに翻弄され、田舎に引っ込む、海外に移住する等…。逆に、この2割の良い人達がリーダーになると、6割の普通の人達は、みんな良い人達となり、世の中暮らし易くなる。2割の悪い人達は、ただの悪い人達になる。興味深いお話でした。今日、ダンスの先生達とおしゃべりしていたら、ふと、2:6:2の法則の話になって…。あれから10数年過ぎ去ったのに、未だに、どうも、良い人達がリーダーにはなれていないような…。

コメントはまだありません

コメントを残す

片山知子の気まぐれBLOG
あの仕事やっときゃ良かった

この歳になると、本当にいろんな思い出に包まれて、楽しいんですが、心に残る、本当に惜しいことをしたなぁ …

さくら2018
片山知子の気まぐれBLOG
「蒸発する時」… 桜の木の下で

桜のシーズン、今年は例年より早かったようですが、桜を見ると、思い出す涙の物語がある。 蒸発するって、 …

curling
片山知子の気まぐれBLOG
2
カーリングっておもしろい、そだね〜

今年の冬期オリンピックで覚えた競技がカーリング。なかなか奥深い。特に女子のゲームが元気があって楽しい …