いきなりの「はやぶさ」

小惑星探査機「はやぶさ」
(C)「はやぶさ」大型映像制作委員会2009
いつものように、HPのメンテをしつつ、何げにTwitterに目をやると、なんや「はやぶさ」で多いに盛り上がっている。今の今まで、全く知らなかった事です。なんや〜、それ〜と思いつつ、あちらこちらをクリックすると、感動の物語のいよいよクライマックスに遭遇してしまった。Tweet は、はやぶさで埋まりつつあった。

もう皆さん、良くご存知かも知れませんが、簡単に紹介すると、7年前に、30億キロもの向こうにある、イトカワと言う小惑星に行って、撮影したり、その砂やら石やら、ホコリやらを地球に持って帰るのがお仕事の、日本の小惑星探査機の名前が「はやぶさ」です。その石やら砂やらは、なんや地球(太陽系惑星)の誕生の、謎を解くのに大変に重要なものなんだそうです。2003年に飛んで、2005年にイトカワに到着。そして、昨夜、23時頃帰ってきた。
その帰還のその瞬間を見た事になる。
7年間も宇宙を飛んでたんやね〜。往復60億キロを飛んで、最後は、その砂だか石だかが入っている可能性のあるカプセルを切り離し、はやぶさ本体は大気圏に突入して燃え尽きました。このはやぶさの物語自体が感動もので、幾度ものトラブルに打ち勝ち、無事に帰還する。本当ははやぶさはカプセルを地球におとして、本体は向きを変えて、次の任務につく予定とかやったけど、トラブルのせいで、カプセルを切り落として、自分は自滅する運命になる。そして、最後はキレイに燃え尽きて…。もう既に感動物語なんですよね〜。
ちょっと感動しました。こういうのって、同時刻に見るのが興奮しますよね〜。Twitterでは、続々Tweetされて、Ustやニコ生で動画が見れはずなんやけど、なんや繋がり難いなどと出て来る。私も慌てて何度か行くと、何回目かには動画が見れた。なんや知らんけど、目頭が熱くなる!! なんでや〜と思う。今まで知らんかったのに〜。変なヤツって思うけど。しゃ〜ない。それにしても、どこのTVもオンエアしなかった、この帰還の映像がネットで見れる。多くの人達が何故TVはオンエアしなかったのかとつぶやいている。それにしても、NHKでさえオンエアしなかった、この物語を、な・なんと20万人もの人達と、ネットで共有出来た事に感謝です。

時代も変わりましたね。
なんで、マスコミは取り上げなかったンやろね。FIFAワールドカップがあったからなんやろか??

P.S.
カプセルを目視で確認と一旦Tweetされましたが、最新情報では、まだ発見に至らないそうです。明日朝に捜索を再開するようです。今晩中の方がええと思うけどな〜!?? そうも行かんのかな?!

コメントはまだありません

コメントを残す

片山知子の気まぐれBLOG
あの仕事やっときゃ良かった

この歳になると、本当にいろんな思い出に包まれて、楽しいんですが、心に残る、本当に惜しいことをしたなぁ …

さくら2018
片山知子の気まぐれBLOG
「蒸発する時」… 桜の木の下で

桜のシーズン、今年は例年より早かったようですが、桜を見ると、思い出す涙の物語がある。 蒸発するって、 …

curling
片山知子の気まぐれBLOG
2
カーリングっておもしろい、そだね〜

今年の冬期オリンピックで覚えた競技がカーリング。なかなか奥深い。特に女子のゲームが元気があって楽しい …