随分涼しくなりました…

ついこの間まで、9月だと言うのに暑い毎日でしたが、やっと秋らしくなりはじめました。フリーウェイ・ダンススタジオでは、オーディションの季節、ダンスフェスティバルの季節を迎えています。今、丁度、TDR(東京ディズニーリゾート)のオーディション中です。例年どおり、何名かは既に審査に残り、何名かは残念ながら…となったようです。そして、明日も明後日も誰か行くようです。それにつけても、今の若い人達は偉いな〜と掛け値なしに思います。私が若い頃は、そんなに働かなくても良かったし、先ずはバイトなるものがそんなにもなく、バイトで自活出来るなんて思いもよらなかった。それに、何よりも、もっと社会と言うものを信用していた。例えば、銀行は絶対に潰れない。市役所とか行政に就職出来たら、法に触れない限り、クビなんてあり得ない。大企業に就職しょうものなら、「休まず、働かず、目立たず」地味に会社の指示とおりに動いていれば、自分の業績が上がろうが下がろうが、給料は年功序列で上がって行くと信じていた。 今の若い人達は、そんな事信じられるわけがない。昔は、学生時代不埒(ふらち)な人達が、就職してしばらくすると「しっかり」したものだった。今の若い人達は、学生時代はしっかりしてたのに、就職したトタンに不埒になってしまう。それは多くの大人達に欺かれるからで、世の中そんなものと思ってしまうからでしょうか? いやいや、本当のところ、大人達は大人であるがゆえに、今の若者よりも大いに戸惑っていて、気がつけば若者達を欺いてしまうのかも知れない。「こんな時代が来るって、わかっていたら、子供をこんな風に育てなかった…」と私の学生時代の友達が言っていた。子供が会社を辞めたいと言った時、どうアドバイスして良いのか… それさえもわからないって。だから、今がチャンスです。やりたい事はなんでもドンドンやって行きましょう。それは、ゲームに夢中になったり、メールやプロフが気がかりになる事ではなく、あきらめないで、もっと自分の理想を追い求めて欲しい。やれば出来るさ。それは、僅か1年や半年の会社勤めで、その会社やその業界がわかったような気になる事ではなく、もっと謙虚に自分を高めて欲しい。お年寄りを見たら席を譲りなさい。人の足を踏んだら、例えその人が見知らぬ人でも「すみません」と言え。世界の常識です。日本人だけがその常識を持ち合わせていない。常識と言う言葉は私は嫌いです。でも、英語から日本語に明治のころに訳された単語で、英語では、common sense (共通、社会一般 のセンス)と言う、その常識なら意味はわかる。親の自分への愛には心から感謝しなさい。でも親の言う事は信用しない方が良い。新しい船を動かすのは、古い水夫ではなく、新らしい水夫でしょうから。もっと自分に自信をもって、自分の理想を失わず頑張って欲しい。アナタが謙虚になれないのは、実は自信がないから…。目先の事で動くのは古い水夫に任せなさい。少なくとも20代のアナタは目先の金や目先の出来事で動くな。気高き理想で動け。カラダが動くうちはバイトで食える。それよりも心が萎えてしまわないうちに理想を貫け。本を読め。理想がないとか、わからない人がいたら、心配すんな。少しでも自分が良いと思う事を、少しずつやっていけば良い。人と群れるのを止めると良い。友達や親がどう思うか気にするな。自分が少しでも良いと思うことをすれば良い。

ローマは1日してならず。千里の道も一歩から。パン屑リスト。どっちに行っていいのかわからない時は、行きたい方向に行けば良い。目先の事で動くな。理想を求めよ。気高き理想を目指しなさい。何もせずに流されて行くよりは、やって後悔した方が良い。やれば出来るさ。

「ここでなら、人生を変えられるかもしれない」と思ってここに来ました。たとえ時間を要しても、着実に身について行くものがあることを知りました。新しい人生を始めたはずなのに、昔の癖か、目先の結果に囚われそうになることもあります。でも、少々のリスクを考えながらも、思い切って自分で選んだ生き方です、迷いは捨てて、自信を持って、理想を求めて行きたいです。何か目指すものがある時、信頼出来る指導者がいるのは、自分の意思以上に大きなことだと思い、感謝しています。「ここでなら、人生を変えられる!」と信じてトライして行きます!

新婚旅行は宮崎さんへ
うん、ガンバレ〜!! やれば出来るさ… Life can be change.
昔、とある有名プロのやり手マネージャーさんが私にこう教えてくれました。「片山さん、心配しなくてもいいんじゃない。苦労がアカになる人と、苦労が肥やしになる人といる。アンタがどんなに生徒をかばっても、傷つけても、人にはその2種類いるだけ〜。」その2種類の人の差はどこから来るのか、彼はそれは素質やって。それじゃ〜解決にならん!! (もちろん、その時はそんな事言えましぇ〜ん…!) でも、やっと最近わかりました。きっと、こうです。自分の理想をあきらめたり、自分の中の何かをあきらめたトタンに、その苦労はただのアカになり、それでも、あきらめない限り、その苦労は肥やしになる。どんな小さな事でも、どんな些細な事でも、自分にとって大切な宝物ってあると思う。もっともっと、私達は、そんな事を大切にせんとアカンのと違うかな〜って、最近良く思う。
大きな夢を見よう。大きな夢だけが、人の心を突き動かす。
−マルクス・アウレリウス・アントニウス 『自省録』−どこまでもあきらめず、大きな夢を見て、かすかなともしび信じ歩いて行こっ…。「新婚旅行は宮崎…」この言葉に、ふと微笑んでしまう私達…。お互いに頑張りましょ!!!!!!!!!!!!!!!!

コメントはまだありません

コメントを残す

片山知子の気まぐれBLOG
あの仕事やっときゃ良かった

この歳になると、本当にいろんな思い出に包まれて、楽しいんですが、心に残る、本当に惜しいことをしたなぁ …

さくら2018
片山知子の気まぐれBLOG
「蒸発する時」… 桜の木の下で

桜のシーズン、今年は例年より早かったようですが、桜を見ると、思い出す涙の物語がある。 蒸発するって、 …

curling
片山知子の気まぐれBLOG
2
カーリングっておもしろい、そだね〜

今年の冬期オリンピックで覚えた競技がカーリング。なかなか奥深い。特に女子のゲームが元気があって楽しい …