ちょっと良い話!?

戦後二番目のいざなぎ景気だそうで、日本は誠に景気良いそうです。でも、マイチャリで南の街を通り抜ける時、それは実感として全くありません。街はますます荒廃しているようにさえ見えます。深夜1時、2時くらいに良く南を通り抜けますが、今日は、ちと怖かった〜。土曜日のせいでしょう。街には暴走族や若者達で溢れていました。ちょっと大人な30代の夜の女性達は、日本語はしゃべっていません。そんな時、ちょっと人影も疎らになって来た街角で、というか、そこには一人の男性以外、誰もいませんでした。そのパンチ風頭のヒゲのつけた、3ピースを来た30代と思われし男性が、ママチャリに乗った私に声かけてきました。「あの〜、ここは清水町かな〜?」ちょっと身構えた私は、さっさと通り抜けようとして、「さぁ〜」と云いましたが、その男性のその瞳は、とても純情そうで困ってそうでした…。だから、「あっ、ここは、大宝寺です。」その男性、「あっ、そう〜か、じゃ、清水町はこっちやね〜」ととても人の良いムードで言われたので、「そうです。もう一つ向こうですよね〜」と応えると、その男性、急にパッと明るくなって「有り難う、有り難う〜。ホンマ有り難う〜!!」と、清水町の方に向かわれました。何故か、とても良い事をしたような気分になりました。

コメントはまだありません

コメントを残す

さいたまアリーナ
片山知子の気まぐれBLOG
1
沢田研二のドタキャンに想う

なんだかんだとTVのモーニングショーやネットニュースなども騒がしいことですが、どれも真実を伝えていな …

片山知子の気まぐれBLOG
あの仕事やっときゃ良かった

この歳になると、本当にいろんな思い出に包まれて、楽しいんですが、心に残る、本当に惜しいことをしたなぁ …

さくら2018
片山知子の気まぐれBLOG
「蒸発する時」… 桜の木の下で

桜のシーズン、今年は例年より早かったようですが、桜を見ると、思い出す涙の物語がある。 蒸発するって、 …